今週は秋に飛躍を目指す3歳馬のレース、セントライト記念!
有力馬の一頭ガロアクリークの父であるキンシャサノキセキ産駒のポイントをプロファイリング!
さらに有力馬7頭を解説します!

第二重賞の有力馬診断とは

GⅠレースを始めとするメインレースだけではなく
その週に行われるもう一つの重賞もプロファイリング!
その一部を毎週木曜日に無料公開!
(※番組の関係上重賞でない場合もございます。)


セントライト記念の有力馬診断


≪本日のTips~キンシャサノキセキ産駒のポイント(内面からくる早枯れ傾向~≫
キンシャサノキセキ産駒はそもそもの早熟志向と、また年齢・レース数を重ねると気難しさが出てくる産駒が多数
それ故に早期に活躍した馬が、その後も順調に活躍を継続させている例はほぼほぼ無いというのが実情です。

同産駒の最多賞金獲得馬シュウジは今でも活躍していると思われるかも知れませんが、途中に5連続二桁着順など大きな挫折がありながら、年月をかけて持ち直して今に至っているワケです。

これまでに2歳~3歳春までに重賞好走した同産駒は「モンドキャンノ・カシアス・シュウジ・ガロアクリーク・ルフトシュトローム・ベルーガ・サフィロス・サイモンゼーレ・アドマイヤモラール・ジュランビル」ですが、そのシュウジを除けばほぼ全て3歳秋以降にまともな活躍ができていません。



【セントライト記念の有力馬診断】
※頭数こそフルゲート近く揃っていますが、その半数は前走1勝クラス出走の格下馬。近10年でも前走1勝クラス出走馬は度々好走していますが、それらはほぼ全てココでも上位人気に推される程の馬だったりします。ただでさえ、降級制度廃止などあって条件クラス戦は手薄な古馬勢となっていますので、さすがにそれらの馬は足りない計算です。
よってここでは前走芝2勝クラス以上出走の7頭について取り上げます。


―ココロノトウダイ 牡3 丸山 56 手塚(美浦)
今回メンバー中で唯一の古馬混合2勝クラス戦勝ち上がり馬。
上記の通り、降級制度廃止によって本来は3歳馬が通じ易くなっているはずですが、今年の同クラス戦勝ち上がりの3歳牡馬は11頭のみで近年を少なからず下回る頭数となっています。そこでの同実績というのは、相対的には上の扱いをすべきという見方もできます。

ただし、エイシンフラッシュ産駒に重賞挑戦で通用する底力が備わっているのか…同産駒の牡駒でOPクラス在籍馬は4頭いますがどれも昇級後は壊滅的な成績。もちろん重賞で好走した馬は1頭も出ていません。
それも5番人気以内に支持された馬は8頭もいながらもですので、格下条件での走りを格上戦で期待すべきでないタイプです。


△ヴァルコス 牡3 三浦 56 友道(栗東)
ザックリと言えば脚が遅いタイプで、2走前青葉賞は東京コースでは掟破りとも言える捲り上がり競馬が寧ろ嵌まって好走するも、青葉賞とは対極的に瞬発力が大事なレースである前走ダービーでは速い脚不足を露呈の凡走結果に。

それをレースラップ別に分類すると、2F目を除く最速レースラップが11.5以上の時にはほぼ好走、それ未満の時には2戦2凡走となっています。
今回セントライト記念というレースがどちらになりがちかと言えば、年によってまちまちなのですが…


この続きはこちらから!


こちらの記事は有料コンテンツ(税込500円)となります。
クリックで販売画面へ!

プロフィール


キムラヨウヘイ


キムラ ヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴び、競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。
またレース以外の記事も持ち前の洞察力で深く切り込み、読者の好評を得ている。

15年には競馬誌【競馬王】5月号でメディア初登場。18年には【競馬予想TV】にも出演を果たした。

また18年には初の著書『考えるヒント~常勝競馬を叶える予想戦術~』を出版。



販売メニュー

■考えるヒント完全予想(重賞OP予想+平場推奨馬)
800円(税込)
サンプルはこちら
■第二重賞の有力馬診断(平日コンテンツ)
400円(税込)
通常月曜夜に配信
※番組の関係上重賞でない場合もございます。

予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android