安田記念編




皆さんこんちゃ!


さつまです!



先週の日本ダービーはコントレイルが圧巻の走りで3歳牡馬としてクラシック2つ目のタイトルを取りましたね。



色んなことを想定しながら切り口を探してみましたが、あそこまでのパフォーマンスはさすがに圧巻でした。



これからの活躍にも更なる期待が持てる勝ち方でしたし、本当に素晴らしいレースだったかなと思います。




今週から新馬戦も組まれていますし、また来年に向けての戦いが始まります。



1年間の長丁場ですが、また注目の1頭や推し馬を見つけられるようにレースを見続けていきたいなと。


それでは今週のGIである安田記念に向けて分析を始めていきますかね。



安田記念の舞台は東京芝1600mコースを使って行われます。


2コーナー奥からのスタートで向正面半ばでまず1度目の上りで、そこからコーナーに掛けて下っていき、最後の直線ではもう一度上って、最後の300mがほぼ平坦といった感じのコースになります。



近年のラップ傾向からも割りと流れやすい展開になる事が多く、極端な先行タイプが少なくてもそれなりに流れる可能性が高いのではないでしょうかね。


特に今年は強力な脚を使える馬も揃ってますし、ヨーイドンのギアチェン戦では厳しくなる可能性が高くなるので、先行勢はいかざるを得ない条件の元といった感じになると思ってます。




今年は14頭でマイルチャンピオンを決めることになりますが、アーモンドアイを始めとしてめちゃくちゃ豪華なメンバーが揃いましたね。



今年もマイル路線1本組以外にも有力馬が多くいますが、アーモンドアイとインディチャンプの2頭が共に馬券圏外に飛ぶ可能性は極端に低いと思いますので、まずはその辺も含めながらあまり手広くなり過ぎず、3連系で妙味を狙いにくいのであれば、馬連、ワイドを2点ずつくらいで狙うというのも1つの手です。


ここで注意したいのが、馬連2点の内1つをアーモンドアイ×インディチャンプにするのでは無くて、敢えて2連系にするのだから、別の相手を据えたりするのが面白いんじゃないかなと。



この組み合わせが1番人気の組み合わせになる事がほぼ確定してるでしょうし、トラブルがあったとはいえ昨年のこともあります。




現時点の感じだと、この組み合わせはダービー以上に僕の中でほぼ捨てて狙う組み合わせになります。



期待値云々で馬券の買い目を組む事に異論がある方もいますけど、正直当たっても割り切れる買い目かなと。




昨年の覇者インディチャンプは始動戦こそ後手を踏んだり、力を出し切れない傾向がありますが、本番ではめっぽう走ってきますよね。


今年こそは不利を受けないアーモンドアイを降して名実共にマイルチャンピオンとしての泊を付けたいと陣営も考えているのではないでしょうか。



現状ではオッズも含めて4.5番手くらいの印(位置付け)ですけど、買い目の組み方次第では薄くするかなーといった所です。



僕の中でこの面子でこのオッズなら買いたくないなーと考えているのがダノンキングリー、グランアレグリア辺りですかね。



ダノンキングリーは今後マイル路線にいくのかもしれませんが、今年マイルGIを勝ち切るには相当厳しい世代が揃っているかなと。


忙しい流れになると脚が想定以上に使えなくなるようなタイプと位置付けているので、僕は今の高速馬場を無理して前目に付けて追走するようなレースは本質とは合わないんじゃないかと考えています。


素質の部分ではすごい評価しているので、その部分で通用する可能性もあるとは思いますが、このメンバー構成で3.4番手の人気を背負うようなら、軸次第では見送る形もありかなと。




グランアレグリアは久々の前走をGIのぶっつけかつスプリント戦で3着(降着絡みあり)まで持ってきていたのはさすがだったかなと。



最後は脚を使っていましたし、中間の調教の強度をもう少し増して来るなら更に上昇してくる可能性もあります。


ただ、割りと神経質そうなタイプだと思うので、マイルに距離延長する所がローテの部分では悪く出る可能性もあるんじゃないかなと。


ダノンキングリーはほぼ印回さないと思いますが、こちらは当日の天気や最終的な前日のオッズ、その他の印回す馬との合成オッズなどを含めて決断したいかなと思います。



断然の1番人気のアーモンドアイはさすがにルメールさんも陣営も強気な姿勢は崩しませんね。


ただ、昨年も同じように自信満々といった感じでしたが、スタートのトラブルと思った程の仕上がりに届いていなかった点が響いて3着と負けてますし、競馬は何があるか分からないといった点に注目するのであれば必勝ではないかと思います。


とはいえ、追い切りの迫力や前走のVMのパフォーマンスは圧巻だった事も踏まえると中々崩れる姿を想像するのは難しいですかね。苦笑



仮にここを◎にするのであれば、2列目、3列目は工夫するような買い目を組んで、ある程度人気同士の所は点数削減と当たっても配当を得られないのだから割り切ってもといった感じの所に着地しますね。


GIなので当てないとダメって感じなら◎アーモンドアイ、○インディチャンプ、▲ダノンのどれかとかで良いんじゃないかなと思いますけど、上ブレの可能性も含みながら狙った方が長期的な底上げにもなるので、アーモンドアイは揺るがないと思っていたとしても、買い目の所では少しくらい冒険した方が良いかなと。



先週のダービーでは全18頭の考察を書きましたが、今週の安田記念はアーモンドアイに本命を回す人も多いと思うので、買い目の組み方や人気同士の買い目を捨てることの意味についてお話しさせて頂きました。


人気同士がダメなのではなくて、2-7番手くらいの馬が混戦になるのであれば、オッズの優位性のファクターを上に持ってきても良いんじゃないかなといった話です。


先週のダービーでは僕も◎サリオス、○コントレイルに回してますからね。


ただ、これは長々と考察と見解で話しましたけど、今年のダービーはこの2頭が抜けているように見えたので、ここを中心に組んで、アクシデントや距離延長がハマらなかった時に片方が飛んで当たった時に跳ねるような買い目を組みました。




高配当狙えるレースは予算と相談しながら手広くいくのも大事ですし、必要なトリガミと必要じゃないトリガミを避けながらも色んな条件でレースごとに必要な買い目を狙っていけるように向上出来たらなと思います。


僕の中では割りとスタンダードな内容になってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きましてありがとうございます!


皆さんが今週もいっぱい当たるよう、楽しめるように祈っております!



Good Luck

さつま


さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
当日の予想はこちらから!


プロフィール


さつま

2018年にプロデビュー。2019年2月から2月から8月まで全1746レースに参戦してプラス収支を記録!
2019年のケンタッキーダービーでは1千万馬券を的中というアメリカンドリームを手にした!

2019年秋より競馬予想GPに参戦し、デビューから9週連続万馬券的中の記録を樹立。
年間トータルでもプラス収支と大活躍中!

Twitter:@sweet777potato


競馬予想GPトップページへ