昨年はサークルオブライフがアルテミスSから連勝、今年も連対馬が人気上位確実の注目ステップから解析だ!
Mの基本馬体重理論についても簡単におさらいしていますので、ぜひチェックを!



あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら!


重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

無料コンテンツも充実!配信メニュー一覧はこちら



◆馬券の買い方について
今井雅宏の予想には買い目の掲載がないため、
競馬予想GPでは今井雅宏推奨の馬券の買い方(馬連6点、馬単6点、3連複6点、3連単21点)に則って的中判定、回収率の計算を行っており、
それに基づいた的中を的中情報として取り上げています。




;今週は土曜の方でしたね。チャレンジCで馬連1点目的中で、3連単万馬券も当たりました。勝負レースでは中山7Rで8番人気の本命が激走して馬連63倍的中もありました。日曜は中京8Rで6番人気の本命が来て33倍的中とかがありましたね。

;日曜は精度が落ちちゃったね。土曜を見て修正したのが失敗で、中山も中京も芝は土曜の感じからあまり速くない差し馬場で設定したら、高速前残りになったよ。土曜は湿ってたぶんだったのかな。

;チャンピオンズCは馬体重的にアウトでしたから、回顧は当たったチャレンジCからにしましょう。馬連1点目的中で、これで縦目を入れると近5年中4年で的中とよく当たりますよね。

;比較的タフなレースになるからね。ただ今年は高速馬場なのと断然人気が切れないんで、ちょっと難しかった。ステイヤーズSの方が1番人気が危なくて馬券的には面白かったけど。

;単勝38倍の人気薄だったナムラカミカゼでした。

;超スローを一番大外で最後方では気持ちも切れちゃう。調教が良くなかったって陣営が言ってたのが、本当だったのかもだけど。

;チャレンジCは単勝10倍の馬が本命でしたが、今週の重賞では最も人気サイドの予想でしたね(笑)。

;最初は、高速馬場でルビーカサブランカは上がり勝負向きでもないんで、ブラヴァスにしようと思ったんだけどね。格下を凡走後で、高速馬場にも対応出来る馬だし。ただ格下のOP特別凡走とはいえ同じ2000mだし、連続でそこそこ2000mを好走してこの条件自体も何度も走っているんで、蓄積のカテゴリーストレスはあるという判断でやめた。
で、人気薄+内枠の混戦向きで高速馬場も対応出来るサンレイポケットにしようと思ったけど、これもそこまで鮮度があるわけでもないんで、3着前後の可能性が高いという判断になった。
結局、断然人気以外で残ったのがルビーカサブランカくらいだったよ。高速馬場実績がないのが嫌だったけど、過去のレースを分析していくと実績がないのは、単に状態がよくないときに速い馬場を走っていた可能性が高いという判断だね。あるいは苦手なスローになったか。

;逆ショッカーリーチ馬ですしね。チャンピオンズCも逆ショッカー馬が勝ちましたし、やっぱりよく逆ショッカーは走りますよね。

;このメンバーと頭数なら出遅れなければ逆ショッカーはほぼ完成するよね。で、あとはペースが上がるかどうか、そこが全てだ。高速馬場で上がり勝負では間に合わないから。ただ先行馬の中に坂井もいるしで(笑)、内回りを考えるとペースダウンもしないんじゃないか?ということで、本命にしたよ。もちろん内枠の短縮が向くC要素のあるタイプで唯一の牝馬というのもあったけど。
高速馬場で馬群を割らないと間に合わない競馬なら、このメンバーで外枠以外で馬群を割れるのは、他にサンレイポケットしかいない。そしたら当日叩き2戦目で6キロ増だから参ったよね。こうなるともう、本当に超ハイペース以外は無理だ。太いと切れ味が鈍るから、消耗戦にならないとだよね。あと出遅れてもアウトだよ。キレが落ちてるから、早めに仕掛けないと。だからこの馬体重なら同点対抗のソーヴァリアントから入る方が無難だよね。人気薄だから、一か八か、ハイペースに賭けてルビーカサブランカから買うのも悪くはないかもだけど。

;結局、ソーヴァリアントからなら馬単も当たりますもんね。

;レースは希望通り、というか希望以上にハイペースになって、かつスタートを決めて早めに動いてくれたんで、なんとか馬体増での切れ不足を補えたということだった。自身の上がりが高速良馬場なのに35秒台だからね。太めによる切れ不足はあんまり影響しない。4角で早めに動いて射程圏に入れたしね。出遅れたり、仕掛けを遅らせたり、ペースダウンすれば、あの馬体重だとその時点で終了で、もう物理的に間に合わないよ。


あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら!


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


;チャンピオンズCは単勝41倍の人気薄スマッシングハーツでしたが、さすがに12キロ増では厳しいですよね?

;中2週で、ダートのトップカテゴリーにずっといる6歳馬が連対時最高馬体重もオーバーしての12キロ増、しかも切れ味勝負の差し馬だからね。重賞全体の歴史の中でもそんな馬が連対したケースって、ほとんどないと思うよ。Mの理論的にも、常識的にも、まず無理になる。輸送で減ると思って仕上げたら、全然減らなかったのか。まぁそれでもかなりペースアップすれば切れ不足を多少相殺出来たかもだけど、ペースも上がらないんでは、あの太めだと終わりだった。
こういうときは対抗からでも良いけど、テーオーケインズも7キロも減ったからね。カテゴリー鮮度のない馬が、2走前、6走前と、国内で凡走した2回と全く同じ形の馬体減りで人気馬だから、期待値低い。その2回も馬体減りの体力不足で4着だったけど、結果も同じだった。パドックも細かったよ。馬体減りでも馬群に入れてしぶとさを活かせば短縮と能力で連対したとは思うけど、緩い流れを外々回る強引な体力勝負の競馬では、馬体減りの体力ストックのなさが露呈するのは仕方ない。ただ、彼だから好走したわけで、そもそもあの流れでずっと好位の外々を回ったら、今回の出走馬だと、どの馬でも連対は出来ないけどね。

;2頭が危ない馬体重ですから、69点の2頭、オーヴェルニュとジュンライトボルトの単勝爆弾でも良かったですかね?

;オッズも付くからね。ただ本命対抗が馬体重やばいときは金額押さえてやるくらいが良いよ。あるいは69点でも人気の全くないオーヴェルニュから馬連を買うか。結局それだと外しちゃったけど、オーヴェルニュは単勝38倍で馬体重も悪くなかったからね。ジュンライトボルトの8キロ増も、中8週開けて4走前に連対したときとほとんど同じだから、減るよりは全然良い馬体重だったけど。

;理想体重のベクトルも、今回はプラスでしたもんね。

;ベクトルは大事だよ。まだGⅠを走ってないから、ダートのトップクラスカテゴリーストレスも薄いんで、馬体重はまだ流動的だし。

;本命対抗が「速い上がりなら」で、ジュンライトボルトは「上がり掛かれば」でしたが、レース上がりが掛かったのも良かったですか?

;昨年みたいな上がり勝負になったときどうかと心配なぶん69点だったけど、この日は結構馬場が重くなって、緩い流れでも上がりがそこそこ掛かったのは良かったね。昨年みたいに差し馬が36秒前半では勝ちきれない競馬になる可能性が高いと思って、35秒台を出せる馬を70点にしたんだけど、計算よりも馬場がタフだったのか。

;いつものように、馬体重に注意してレースを選択ということでした。土曜勝負レースの中山7Rの人気薄も、減ってくる分には大丈夫なステップでしたしね。

;Mの基本馬体重理論はまとめてるところで見て欲しいけど簡単におさらいすると、絞れた方が良いのは、C系、差し馬、間隔の詰まった馬、上がり勝負とかだね。逆に増えた方が良いのは、SないしL系、逃げ先行馬、間隔の開いた馬、消耗戦。
もちろん、それ以前に前走が細ければ増えた方が良いし、太ってれば減った方が良いのは、誰でも知ってる当たり前の話になる。
例外が起きやすいのは、まだそのクラスの生涯カテゴリー鮮度の高い流動状態にある馬、その中でも特にS系。逆に短中長期全てのスパンにおいてカテゴリーストレスが高まるほど、馬体重の流動性は失われ、許容範囲が狭まる。つまり生命エネルギーの流動性がなくなったら、レンジは狭くなるわけで、一般的に好走後で今回のカテゴリー、レベルにおける常連馬ほど危なくなるわけだ。
あとは環境的に自然なもの、つまり冬場の若干の太め、夏場の細め、輸送の細め、滞在の太めとかは多少なら我慢する可能性も増す。その状況に置ける、それがその馬の通常の馬体重になっている場合ならだよね。それと去勢明けならかなり減ってても我慢するケースもあるとか、細かいのはあるけど、だいたいこんな感じだ。
ルールは決まってて、それに反した馬が来る可能性は、極端なバイアスにでも相当恵まれない限り、極めて低いのが競馬ということになるよ。

;では阪神JFのデータ分析です。昨年はアルテミスS1着後の3番人気サークルオブライフが勝ちました。

;アルテミスS連対馬は、16頭中8頭が3着以内、重賞になってからは13頭中8頭が3着以内だよ。
来た馬は、前走3角1~9番手と様々。ただ10番手以降だった馬は4頭とも消えていて、東京からだから活性化が弱すぎると心配はあるね。ただそのうち2頭は4着に好走したから、追い込みに徹すれば大崩れも少ないけど。実際、今回4角11番手以降の馬は、5頭中1頭しか来てないんんで、このステップとしては確率が落ちている。相手強化でもある程度ついていける馬がベターだよね。極端な脚質だから追い込みバイアスに嵌まれば来ちゃう確率も高くなるけど。ちなみに唯一追い込んで来た馬は前走6番手から、後ろに回る位置取りショックだったよ。今回4角10番手以内になった馬なら、11頭中7頭が来ている。
2走前は、1頭を除くと4角4番手以内で4着以内。このタイプだと9頭中7頭が来ている。ただ唯一の例外は逆に2走前に4角でも15番手だったけどね。この馬は前走で3番手と前に行く位置取りショックで活性化させて、今回はまた9番手と後ろに回る位置取りショックをしてきた。来た馬のほとんどが今回相手強化で位置取りを下げるショックで、やはりこの形は怖いよね。
3走前は、新馬戦が6頭で、残り2頭は2走前が新馬戦。キャリアがない方が蓄積疲労もなくてベターだ。特に3走前新馬の馬が9頭中6頭来ていて、経験と鮮度のバランスとしてはちょうど良い感じになっているかな。

;2着のラブリイユアアイズは京王杯2歳S3着後ですがこのタイプはいません。3着はファンタジーS1着後の4番人気ウォーターナビレラが来ました。

;ファンタジーS連対馬は、36頭中10頭が3着以内だよ。今年は京都でなく阪神だったからデータ傾向も変わってくるかもだけど。特に位置取り系のデータは競馬場で変わりやすいよ。ちなみに阪神開催の近2年は4頭中1頭が3着以内だ。

数が多いんで位置取りで分けると、まず前走3角5番手以内だと24頭中7頭が3着以内。来た7頭の2走前は未勝利~重賞まで様々だけど、みんな勝っていた。かなり勢いのあるタイプだね。あわやの4着には勝ってなかった馬もいるけど。
2走前の位置取りは、7頭とも3番手以内。このタイプだと16頭中7頭が来ている。ただ2走前に逃げていた馬だと5頭中1頭が3着以内と率が落ちる。やや延長にしてはS質を刺激し過ぎちゃうという感じだね。2走前逃げていて来た馬は今回10番手と後ろに回る位置取りショックで精神コントロールをしてきたしね。
3走前は、新馬か未勝利か、2走前が新馬だった馬。鮮度の高い馬は怖いよね。特に2走前が新馬だった馬は、4頭中2頭が来ているよ。

 前走3角6番手以降だと、12頭中3頭が3着以内。その中で前走3角9番手以内なら7頭中3頭が3着以内で、5頭が4着以内に好走した。やっぱり後方過ぎる極端な脚質で前哨戦を連対するとストレスは残るし、やや活性化の問題もあるからね。今回、展開に嵌まり切らないときつい。
2走前は新馬、未勝利、GⅢ。2走前が新馬か未勝利の馬は4頭中2頭が来ていて、やはり鮮度の高い馬は怖いよ。重賞だった馬も3走前は新馬だったし、そのGⅢは1200mだからね。カテゴリーストレスはほとんどないに等しかった。



この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2020年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2019年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


「厳選!勝負レース」は通常当日午前1時より配信開始!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(550円お得!)もございます。


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位

買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。


無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,320円)

◆「今日の準勝負レース」(880円)

◆「レースのポイント」(330円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(220円)

◆「今日の予想情報セット」(2,200円)
・レースのポイント、・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(330円)


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。