今週は重賞から条件戦まで、様々な路線から馬が集まる3歳戦のラジオNIKKEI賞。その中から相性のいいステップを探る!
週末の予想では先週万馬券3本と「Mの法則」が完全に手の内に入れた函館開催にも注目だ!

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!


「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップ。
馬のタイプ・評価点数・理想体重などの情報に加え、各馬の簡単なコメントも掲載されます。

;また今週も2点目以内の万馬券、凄かったですね~!昨年に続いて宝塚記念は本命が勝って馬単5350円が4点目的中しましたが、それより土曜の勝負レースですね~。またしても万馬券を2点目以内の的中でした。先週は函館スプリントSでズバッと万馬券1点目的中でしたが、今週も勝負レースの土曜函館9Rで、単勝15倍の本命が勝って、馬単19000円の万馬券がズバリ2点目的中で、1位-3位-4位の順の入線ですから、3連単の68230円も4点目の的中でした。とにかく先週も話しましたが、1,2点目以内の本線でズバッと万馬券当てちゃうのが、格好よいですね~。普通は万馬券って、10点とか20点とか一杯買ってようやく引っかかるもんだと思うんですが、1日3レースの勝負レースで、2点目以内で万馬券を連続で当てるのは、アクロバティックですよ。

;ダービーか何かの週の勝負レースも、予想上位3頭が独占で、万馬券1点目で当てたし、勝負レースで2点目以内の万馬券的中が多いのは良かったよね。あと、日曜の勝負レースで、2点目で馬連当てたレースがあったでしょう?

;立待岬特別ですね。馬連2点目、3連複3点目の的中で、3連単の万馬券も10点目ですが当たってます。

;あれ土曜の万馬券当てたレースと同じ、函館1200mだったんだよ。

;そういえば先週の函館スプリントSの万馬券1点目的中も、函館1200mでした。万馬券ばかり当ててますが、なにか掴んでるんですか?

;例えば、同じ立待岬特別に1番人気で出て来たラキって馬、前走本命にしてたでしょう?で、そのまま勝ったんで今回も人気になったんだけど、あれが今回は少し危ないから、予想したのもあったんだよ。

;あ、ちょっとその話長くなります?みんな宝塚記念の回顧を楽しみにしてると思うんで、あとで時間があればで(笑)。それで宝塚ですが、クロノジェネシスは直ぐでした?内枠が良いってワンポイントアドバイスで話してて外枠ひいたんで、どうするかと思ってましたが。

;良いステップなんだけど、大外の延長だと掛かる可能性もあるし、土曜が内伸びだったし、困ったなぁと思ったよ。内伸び馬場で内枠向きの1番人気が内枠ひくし、相変わらずの枠順だよね~。もうこうなっちゃうと、中枠引いて、恐らくここは差しに回る位置取りショックを掛けてきて、得意の馬群に入れられることはほぼ確定したラッキーライラックにしちゃおうかとも思ったよ。枠と脚質から、展開と位置取りが読める馬は、それだけで安心だからね。

;大阪杯は、こっち本命で当ててましたよね。中山記念も2年連続でラッキーライラック本命で当ててますし、得意の馬ですもんね。どうして、これじゃなかったんですか?

;大阪杯が硬めのS質のレースで、そればかりか中山記念も硬めのS質のレースなんだよね。2レース連続でそういうレースを使って、この馬自体が硬めのS質の馬だから、ややそこを強調しすぎている気がしたんだ。それで延長だと、脚が溜まらないかもって。蓄積疲労面でも、ややクロノジェネシスの方が低いし。それと、本質的に延長2200mの適性では、クロノジェネシスの方が上というのもあった。それでも、やっぱり大外は今週からコース替わりなんで内が有利だから、さすがに気になったけど、雨が降る予報だったからね。ラッキーライラックは、馬体とか走り方とか見ると、意外と得意じゃない気もしたし。

;パワー型だから、道悪は向くなんていう話が多かったようですが?

;短縮の道悪なら悪くないけど、延長非根幹距離の道悪だと、ストレス時には対応出来ない印象もあったよ。

;そんなもんですかね~。で、当日はスコールもあって、急激に重い馬場になりました。レースのポイントで5頭挙げてて、「極端な道悪だとどうか」という解説の3頭が消えて、残りの道悪向きの2頭でそのままワンツー決着でした。あのスコールを見てから買ったら、ワンポイントアドバイスを読んでいる読者なら、みんなガツンと勝負出来て、さらに儲かったんじゃないですかね。

;レース上がり36秒台とは、想定以上に重い馬場に一気になったから、上位馬で道悪向きのあの2頭で決まったね。10キロ増が少し引っかかるから、この日の真の勝負レースは、本命の馬体重が良かった立待岬特別の方だけどね。ただ、前走が勝った2走前より6キロ減で、間隔開けた4歳馬だから、増えてくるぶんにはある程度我慢出来る。しかも、スコールがあったからね。いつも言うように、馬場が重くなれば、切れ味が要求されにくいから、太めでも走りやすいよ。

;あと、キセキの解説にしびれましたよ。「出遅れ心配も、揉まれず一本調子に加速すれば」って話でした。これって、逃げじゃなくて、外を差してくるっていう読みですよね?

;たぶん、そうなるかなってね。

;キセキを買ってる人って、単騎逃げをイメージして買ってますよね。出遅れて外を差してくる想定で、かつ評価してる人って、なかなかいないんじゃないですか?

;Mの位置取りショックを知らないと、思いつくのは難しいかもだね。逃げても残ったかもしれないけど、たぶん駄目だったと思うよ。差し競馬になったのもあるし、差しに回る位置取りショックが掛からないと、余程展開に恵まれない限り巻返しはきついリズムだったんじゃないかな。よく話すけど、逃げと外追い込みや捲りは、揉まれずに持続的に脚を使うという意味で同じだからね。揉まれ弱いルーラーシップ産駒が外枠ひいて、行く馬が多いメンバーだから、差しに回る位置取りショックを掛けて外差し競馬になれば、外から揉まれず一本調子に加速するシーンはイメージ出来る。その位置取りショックの方が、凡走続きだし、気分転換にはちょうど良いはずだよ。差しに回る位置取りショックと武は相性が良いし。

;なるほど、そんな展開まで読んでたんですか~。

;そこまで読んでも、予報通りに雨が降らなければ、軽い馬場で内が残って終わりだったかもだから、天気予報を当てた人にも感謝しないとだけど。ちょっと想像以上の雨だったけど(笑)。モズベッロは硬くなりやすい馬が春から使ってるのが気になったけど、重い馬場で硬さもクリア出来て、外差し競馬で2頭が捲って前を払ってくれたんで、追い込みの位置取りショックが嵌まった。終わってみれば、外目の枠で後ろに回る位置取りショックを掛けた馬が独占という、S質でかつ内目の重い馬場らしい競馬だったよね。枠順発表当初は内が伸びるつもりなんだろうし、僕もそう思ったけど、スコールは読めないから良い枠に入った予定の1番人気がむしろ不利になって飛んだという結末だった。ところで、さっきの続きだけど。

;函館1200mですね(笑)。土日とも高配当を当てて、先週の函館スプリントSも当ててますもんね~。で、どこがポイントなんでしょう?

;S質と活性化が重要な馬場ということだったよ。だから、短縮やリフレッシュや活性化された馬が、前に行く位置取りを掛けると激走しやすい。函館スプリントSのダイメイフジもそうだったよね。

;ダートから芝で、高評価したんですよね。

;実はこの話は、函館開幕日の最初の芝1200mに遡るんだよ。開幕日の1Rに未勝利芝1200mがあったんだけどね。このレース、メサテソーロという馬を本命にしようか悩んで、結局予想しなかったんだ。

;えーっと、これはずっとダートを使ってきた馬ですね。

;開幕の多頭数小回りの芝で特殊バイアス時は、S質のショックは決まりやすい。ただ、一度馬場を見ないと、この手のショックが決まるか断言は出来ないんで、他のレースを予想して、このレースは予想しなかったんだ。

;単勝19倍付けて勝ってますね。

;運が悪いときは予想するか悩んでやめたレースで穴馬が走るってのはよくあるけど、ちょっと悔しくてね。いつもはそんな話しても仕方ないからしないけど、その悔しさを利用して後で万馬券を予想でバンバン当てておいたんで、予想のプロセスとして話しておくのも、たまには復習として良いかなと思ってね。これで函館の芝1200mのレース質は分かったから。それで、翌日はリゲインでまず借りを返して貰ったんだよ。

;本命にして、単勝6.7倍ついてますね。

;で、その次はフクノボルンヌね。

;ああ、これも5番人気で勝って、3連単の万馬券を当てたやつですね。

;で、函館スプリントS。どれも活性化された、ないしフレッシュなS質のある人気薄だった。それで、今週はその因縁のメテオテソーロが2番人気で出てきたレースで、同馬の評価を落として万馬券を土曜日に当てて、日曜も前走本命にして勝った1番人気のラキの評価を落として高配当を当てたんだよ。ショックとその反動を、二度利用するやり方だよね。

;二度美味しいやつですね。やっぱり北海道は毎年当たりますよね~。あと先週はダートでも、日曜の大沼Sは馬単1点目的中で、3連単の万馬券も当たってますよ。

;小回りでペースアップするから、Mの基本適用がしやすい。ただ、そろそろ開催が進んで芝の場合は荒れてきて、騎手の通る場所の選択次第のばらける馬場になってくると、騎手の気分次第で読めなくなっちゃう可能性もあるけど。

;それと外人じゃないですか(笑)。外人いないと、楽ですもんね~。

;Mのストレスを軽減する能力が高いからね。しかも、ルメールは選択肢の中から状態の良い馬を選べるわけだし。外人が一杯いたら、函館みたいに丹内とか予想してもまず当たらないよ(笑)。

;席が埋まってますもんね~。

;あと、横山典と武がいないのも、平常心で予想出来るよね。平気で強引な位置取りショックをしてくるから、事前に理論的に展開を読みにくい恐ろしさがあるから。不確定要素の増す、癖のあるベテラン二人がいないと、精神衛生上良いよね~。

;結局、横山典好きだから、余計に平常心でいられませんね(笑)。ということで、昨年は宝塚記念的中から重賞的中ラッシュだったので、今年も同じパターンでいきましょうか。今週はラジオNIKKEI賞です。
 昨年は、京都新聞杯5着後の3番人気ブレイキングドーンが勝ちましたが、京都新聞杯組はいません。2着もダービー惨敗後のマイネルサーパスでいないパターンなので、3着です。3着には1600mの500万1着後の6番人気ゴータイミングが来ました。

;1600mの1勝クラス勝ち馬は、17頭中3頭が3着以内だよ。前走3番人気以内なら、10頭中3頭が来ている。来た3頭は、前走3角1番手から今回14番手と、7番手から15番手、15番手から5番手だった。どの馬もかなり大きめの位置取りショックを掛けているね。特に思いきって後ろに回る位置取りショックは怖い。それと、前走が極端な脚質だった馬も、昇級戦でストレスはないんで、S質を強化する面では良いよ。2走前は、シンザン記念と皐月賞と1600mの1勝クラス。2走前が重賞だった馬は、4頭中2頭が来ている。シンザン記念は1600mだし、皐月賞はGⅠで、1勝クラスの馬は1600mだから、基本的に忙しくて、S質を強化するステップの方が面白い。3頭とも前走が東京や阪神という広いコースの下級条件からだっただけに、それまでに活性化している方が今回辛く感じるリスクが減って、走りやすかったこともあるかもだけどね。




この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2018年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2017年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


「厳選!勝負レース」は通常当日午前1時より配信開始!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(550円お得!)もございます。


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。

馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位


メニュー詳細

無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,320円)

◆「今日の準勝負レース」(880円)

◆「レースのポイント」(330円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(220円)

◆「今日の予想情報セット」(2,200円)
・レースのポイント、・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(330円)


※2019年10月1日より消費税増税に伴い価格改定をさせていただきます。
引き続き、お客様にご満足いただけるように努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。