今週は3歳ダート戦のレパードSを解析!昨年は1700mの2勝クラスを勝ったメイショウムラクモが1着、2着には1勝クラスを勝った10番人気のスウィープザボードが入って穴を開けた。早速そのパターンから見ていこう。

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!


「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップ。
馬のタイプ・評価点数・理想体重などの情報に加え、各馬の簡単なコメントも掲載されます。


;今週はダート重賞2つですね。レパードSは2年前に単勝22倍のケンシンコウ本命がありましたし期待してます!その前に回顧ですが、アイビスSDは内外で極端に分かれる、妙な展開でしたね。結局8枠決着でしたが。

;内の馬が外に張らないんで、ああなると外枠がそのままプレッシャーなく一番走りやすくなっちゃったよね。内の速い馬が内を選択したんで、3枠も全く揉まれないで有利になったといった展開だった。直線競馬は絞りやすい条件で得意なわけだけど、開幕は馬場が読みにくくて例年難しいね。

;いつも万馬券クラスの的中が連発しますが、確かに開幕に関しては微妙なのが多い感じはしますね。

;まだ内も良い状態なんで、騎手の選択でレースの様相が変わるのと、開幕は馬場が軽すぎて摩擦がないのも絞りにくい。ストレスの薄い状態の8枠とはいえ、特段ショックもない7歳馬が勝ち切っちゃうわけだから、走れる馬を絞り切るのが難しい作業になるよ。トキメキは使われていった方が良いタイプということがあったのか、絞れないでパドックも太かった。前に行ったんで脚が溜まんなくてしぶとさが活きなかったのもあるけど、ペースが遅くて掛かっちゃったよ。クイーンSも本命のC系が差さないで先行しちゃったんでしぶとさを活かせなかったし、どうも流れが悪かったね。

;日曜の勝負レースは、積丹特別で3連複19倍1点目、3連単の92倍も2点目的中がありました。

;本命の馬体重ベクトルが合ってて10頭立てだから、あの配当でも十分だったね。いつものように2,3点目以内を厚めに買って、あとは保険として馬単流しや、単勝爆弾で凌いでいきながら、また万馬券とかの高配当爆発で一気に稼ぐのが基本だよ。札幌は開幕がやけに重くてびっくりしたけど、先週は普通に近い馬場に戻ったから、殊更重さを意識しないで予想していって良さそうになったんじゃないかな。日曜札幌のダートがパサパサで砂が舞っていて、両競馬場とも夏の割に力の要る砂の状態なのには驚いたけど、このままで行ってくれた方が設定は楽なんで、あとは急な天気変化がないと良いよね。


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


;それではまた3,400倍くらいの超万馬券2,3点目以内的中を期待して、データ分析にいきましょうか。登録数も多いので、分析はレパードSの方ですかね。

;エルムSは、結構細かく条件が変わってて、データ分析はしにくいしだよ。

;では昨年のレパードSですが、ダート1700mの2勝クラス勝ち後の1番人気メイショウムラクモが勝ちました。

;1700mの2勝クラス連対馬は、12頭中3頭が3着以内だよ。来た3頭は、前走1番人気で人気に応えたタイプで、このタイプだと6頭中3頭が来ている。ただあわやの4着だった馬は2番人気と4番人気で、1番人気でも凡走した馬も3頭いるから、そこまで重要な要素でもないかな。前走は、3角2番手以内2頭と、3角8番手1頭。前走が2番手以内だったのは4頭だけで、8番手以降は1頭だけ。別路線で鮮度があるし距離も違うんで、極端な脚質でもストレスはあんまり残らないからね。むしろ生命リズム的に躍動感がある方が面白いというパターンだ。まぁ今回も極端な脚質を取った馬が来ていて、小回りからなんで、そのままブレーキを掛けずに加速するような競馬の方が良さを活かしやすいのもあるかもだけどね。2走前は、1800mの3歳OP特別が2頭と、古馬の1800mの1勝クラスが1頭。2走前が1800m以上でバウンド延長だった馬だと、7頭中4頭が4着以内に好走している。4着好走馬には1600mだった馬もいるけど、その年は稍重だった。軽いレース質にならない限りは、ある程度体力的にタフな経験はあった方が良い感じだよ。

;2着のスウィープザボードは、3歳限定の1勝クラス勝ち後の10番人気でした。

;3歳1勝クラス勝ち馬は、8頭中1頭が3着以内、つまりこの馬だね。同馬は前走差して0.7秒差圧勝。逃げて圧勝した馬は他にもいるけど、差して圧勝してきたのはこの馬だけだったよ。あと中京で勝ってきたのもこの馬だけだった。

;3着のレプンカムイは、1700mの2勝クラス連対馬だったので、前年にいきましょう。



この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2020年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2019年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


「厳選!勝負レース」は通常当日午前1時より配信開始!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(550円お得!)もございます。


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。

馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位


メニュー詳細

無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,320円)

◆「今日の準勝負レース」(880円)

◆「レースのポイント」(330円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(220円)

◆「今日の予想情報セット」(2,200円)
・レースのポイント、・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(330円)


※2019年10月1日より消費税増税に伴い価格改定をさせていただきます。
引き続き、お客様にご満足いただけるように努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。